事務所兼住宅のメリット

事務所を兼ねた家探しのメリット

  • トップ /
  • 事務所を兼ねた家探しのメリット

仕事場を兼ねた兼用の家探し

SOHOの経営者や個人事業主の場合、自宅と別に事務所を借りて仕事をするよりも、事務所兼自宅を購入したほうが、通勤などの時間節約になります。専用住宅を購入して、他に仕事場を賃貸すると余計に費用が掛かることになるので、事務所兼自宅のほうが、費用面でもメリットが高いでしょう。緊急の問い合わせにも対応しやすいので、お客さんを待たせることも少なくなります。家探しをする際も、事務所兼自宅になりそうな兼用住宅を探したほうが、いろいろとメリットも大きいでしょう。自宅で仕事をすることが多い人の場合も、事務所兼自宅で家探しをして、プライベートの空間と仕事場の空間を分けているほうが、メリハリをもって生活を擦ることができるというメリットがあります。完全に事務所部分と自宅部分が分離されているようなプランの物件であれば、状況に応じて、事務所部分をテナントとして人に貸すことも可能です。家探しをする際には、不動産業者にしっかりと要望を伝えておくと、自分が仕事をするうえで使い勝手が良い事務所兼自宅を見つけてもらうことができます。1階が事務所で2階と3階が個人住宅になっている物件も見つかるので、狭い土地でも仕事場と自宅を分けて利用することができます。

↑PAGE TOP