事務所を借りる際の注意点

家探しで事務所兼自宅

家探しでまずい事にならない為に

事務所兼自宅の家探しの契約に当たって基本的に事務所の部分が自宅の50%までなら賃貸は税金的に自宅扱いなります。その為割合を間違えなければ家探しで住居用の家を契約して事務所兼自宅にすることが可能になります。事業用の割合が多い場合は大家側としては面倒ですがきっちり分ける手段と大家さんに許可を取って全て事業用として契約してしまうのどちらかになります。ちなみにこのケースでよくあるパターンは後者がほとんどになっています。自宅兼事務所の家探しの契約で問題が起きるのは税務署とのトラブルです。事業用のものとの違いは消費税の有無で自宅用賃貸の場合は消費税がつきませんが事業用は消費税込みになります。その為事務所兼自宅の場合申告とその申告内容の違いが発生することがありこの違いを税務署では脱税の可能性として見逃さない為問題の要因となるケースがあります。当然ながら事務所の割合が圧倒的に多い場合は住居とみなさないのが普通です。最近の傾向としての問題は借り手の中には大家に黙って観光に来た外国人に貸すパターンです。モラルの違いで問題行為にもなりますし他人に貸している時点で既に自宅としての機能は0なので税務署としても違反としています。

↑PAGE TOP