事務所兼自宅の探し方

家探しは要望を詳細に伝える

  • トップ

仕事場も兼ねた家探し

事務所兼自宅として利用することができる家探しをする際には、賃貸マンションなども選択肢に入れると幅広くいろいろな物件を探すことができます。賃貸マンションは、戸建て住宅と比べると立地が良い物件を見つけやすいので、事務所兼自宅として利用する際には、私生活や仕事がしやすい駅から近い物件なども見つけることができます。賃貸マンションを事務所兼自宅と利用する場合、マンションの管理規約上、事務所として利用することができるようになっていなければならないので、家探しをする際には、きちんと不動産業者に、事務所も兼ねて利用する旨を伝える必要があります。要望をしっかりと業者に伝えてから家探しをすれば、良い物件を見つけた時に事務所兼自宅として利用することができないという問題も未然に防ぐことができるでしょう。事務所の看板を出すことを考えている場合も、マンションの管理規約で制限がある場合もあるので、事前に不動産業者に要望を出しておくと良いでしょう。事務所と自宅を兼ねている場合、通勤などの時間を節約することができるので、効率的に時間を使って働くことができます。また、家賃も通常の賃貸マンションの住戸を借りる分だけでよいので、事務所を経営するうえでも出費を抑えることができるでしょう。

↑PAGE TOP